東電前アクション! (新BLOG)

反差別・地域格差・南北格差・反軍事・エコロジー全般を意識し包摂する「反原発社会運動」として展開中!

【拡散歓迎】
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

安倍政権で調子に乗んな!もう東電はいらない!
1.30 東電前アクション


   《呼びかけ》東電前アクション!
BLOG:
http://antitepco.ldblog.jp/
TWIT: https://twitter.com/antitepco1
MAIL: antitepco@livedoor.com

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


日時:2013年1月30日(水)19時~
場所:東京電力本店前
東京都千代田区内幸町1丁目1番3号
JR・東京メトロ・都営地下鉄浅草線新橋駅より徒歩5分
都営地下鉄三田線内幸町駅より徒歩3分

<私たちは「加害者が福島で“復興本社”を名乗る欺瞞」
「自民政権からの追加支援」「柏崎原発4月再稼働」に反対します!>

自民党政権が誕生し、さっそく原発再稼働を口走っています。
福島の大惨事を無かった事にして、全国の電力会社は大喜び、株価も上昇。
人の命より金儲けを優先する日本は何も変わっていません。
今もその象徴は東京電力です。自民政権にさらなる追加の経済支援を期待し、
柏崎原発の4月再稼働を声高にしています。
1月4日には福島県楢葉町に福島本社を設置し「復興本社」を名乗っています。
しかし私達はこれらが反原発と福島の怒りを踏みにじる大問題であると

訴え、反対し、今一度多くの方に東電前へ集まることを呼びかけます。

なぜなら空前の大事故の責任者の東電が未だに民間企業として存続している
事自体が、原発推進を何ら変更しない国の「国策」の中心そのものだからです。

だから笹子トンネル崩落の高速道路会社や横転したバス会社はすぐ強制捜査
する東京地検は、「福島原発告訴団」が東電の強制捜査を要求するまで少しも
動きませんでした。そして国は「復興財源」の名の元に、今日も明日も私たちの
税金を東電に垂れ流し続けます。いい加減にしろ!

最大の責任者が福島で収束作業員を使い捨てにし続け、住民を大量被曝させ、
避難者にまともな賠償をしないまま、柏崎原発を再稼働させうようとする。現地で
「復興本社」を名乗る。これほど凄まじい暴力とごまかしがあるでしょうか?
絶対に許されません。

東電がまずやるべき事は全ての財産を売り払って被害者に賠償すること、福島原発
の状況を全て明らかにし報道させること、労働者の命を守って多重下請けの搾取
構造を撤廃すること、歴代の経営責任者達が刑事責任を果たすことです。

東電に抗議し続けることは原発反対の基本であり、あの3.11に立ち戻り、事故を
忘却させるという新たな「国策」に抗う大きな力になります。

事故直後の3月18日から国と東電への責任追及を始めた「東電前アクション」は、
今年最初の行動も東電前に立ちます。「加害者が福島で“復興本社”を名乗る欺瞞」
「自民政権からの追加支援」「柏崎原発4月再稼働」などを全てやめる事を要求します。
そして東電に全ての責任を取らせます。ぜひ参加し、一緒に声を上げてください!

【東電前アクション!2月以降のスケジュールも決定!】

◆2月20日(水)

原発増設反対!大間つくるな!
2.20Jパワー前アクション(仮)
19時~ 京橋・電源開発(Jパワー本店前)

◆3月11日(月)
福島事故2年抗議!
3.11東電前アクション(仮)
19時~ 新橋・東電本店前

◆3月26日(火)
東電の原発稼動ゼロ1周年

3.26柏崎刈羽4月再稼働阻止アクション(仮)
19時~ 新橋・東電本店前

※いずれも詳細は後日ブログで発表します。
http://antitepco.ldblog.jp/

★★★拡散ここまで★★★

12年9月25日にアメリカ大使館に提出した要請文。
原子力空母の横須賀からの撤去とともにオスプレイ配備に反対、アメリカは福島事故の責任の一端を認めろ、と求めています。


********************


             要請文

                                                  9月25日

アメリカ合州国大統領:バラク・オバマ 殿

                  東電前アクション!



*最初に、アメリカ合州国で生活する親愛なる人々へ。

 私たちは、原発を止めることができず福島第一原発事故を引き起こした責任の一端を持つ日本の市民の一員として、福島事故がもたらした放射性物質による深刻な大気汚染と海洋汚染についてアメリカで生活する人々とりわけ太平洋諸島と太平洋沿岸で生活する人々に謝罪したい気持ちでいっぱいであることをここにお伝えします。

 そして、ともに手を携えて、日本、アメリカ、そして世界からすべての原子力発電所・核兵器・原子力施設を廃絶していきたい、という意思の一環として、アメリカ政府およびオバマ大統領に以下のことを要請するものです。

 「核なき世界」の実現のために連帯しましょう!


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 現在、日本では原子力発電所は、50基中稼動しているのは2基です。原子力空母ジョージ・ワシントンが停泊している横須賀を含む東京電力管内では原子力発電所は稼動していません。また、日本では南海トラフによる新たな大地震と大津波の危険も指摘されています。横須賀は三浦半島北断層群の震源域によるマグニチュード7規模の地震が想定されていて、横須賀基地内の大部分は埋立地であり、原子力空母の停泊地12号バースは極めて危険な地盤です。

 このような状況で、日本の原子力規制機関の検査を受ける義務を一切持たない60万kw級原子炉を2基搭載している空母が東京湾に停泊している異常なあり方を終わらせて、原子力およびアメリカの軍事力がもたらす危険を除去するために、私たちは以下のことをアメリカ政府およびオバマ大統領に要請します。

一、 現在、横須賀を母港としている原子力空母ジョージ・ワシントンを横須賀から即時撤去してアメリカ本土へ帰国させること。横須賀基地内の原子力空母関連施設を解体撤去すること。

一、 原子力潜水艦による放射能漏えい事故、衝突事故の事例が多数あり、私たちは重大な事故危険要素を危惧するものです。したがって、原子力潜水艦を日本の港に寄港させないこと。さらに日本の領海に立ち入らないこと。

一、 アメリカ軍が核兵器および大量破壊兵器を持ち込んでいないか、米軍基地内を日本の市民に査察させること。

一、 事故を繰り返している新型輸送ヘリ:オスプレイについての一方的で根拠のない「安全宣言」を撤回して、日本配備を中止すること。岩国基地に駐機しているオスプレイを直ちに撤去して、沖縄配備を断念すること。

一、 福島の原子力事故は、アメリカ政府が欠陥を隠蔽したまま日本に売り込んだ米ゼネラル・エレクトリック(GE)社製の「沸騰水型軽水炉(BWRマーク1型)」の欠陥によるものであることも一つの要因であることが、元GE社の技術者からも指摘されています。アメリカ政府は福島事故を引き起こした責任の一端を認めて、福島の人々およびすべての事故被害者に謝罪すること。

一、 アメリカ政府は謝罪の証として、福島第一原発の収束に一定の責任を持つこと。福島事故の収束のための技術や、事故によって被ばくした人々の治療のための放射線障害医療のための技術や機材を無償で提供すること。

一、 このかんのアメリカ政府関係者による、日本の「脱原発」に向かう動きに敵対する発言や動き(「日本の原発の維持」を訴える「アーミテージ報告書」、あるいは新米国安全保障センター(CNAS)のクローニン上級顧問による9月13日の発言「具体的な行程もなく、目標時期を示す政策は危うい」など)を直ちに撤回すること。

一、 アメリカ政府は、日米原子力協定を破棄して、日本が「脱原発」に向かう動きをつぶす黒幕のような振る舞いを直ちにやめること。今後一切、日本の原子力政策に介入しないこと。

一、 オバマ大統領は「核なき世界」をめざすと言うのならば、貴国が所有するすべての核兵器と原子力施設を直ちに無条件で撤廃して世界に率先して範を垂れること。

一、 米軍横須賀基地は戦後日米安全保障条約に基づき、朝鮮戦争、ベトナム戦争、湾岸戦争、イラク戦争、アフガン戦争などの侵略戦争の前線基地として機能してきました。私たちはその反省から戦争に直結する横須賀基地に反対するものです。したがって横須賀基地を直ちに撤去すること。

 最後に、私たちは原子力空母もオスプレイも単に「危険だから」というだけでなく、戦争で人を殺すためだけに存在する船やヘリコプターであるからこそ反対の意を示すものです。したがって、他国を侵略するために存在する米軍基地を、沖縄をはじめ日本全土から直ちにすべて撤去することを求めるものです。

 以上、貴アメリカ合州国政府およびオバマ大統領に要請するものです。大使館スタッフの皆様におかれましては、この要請を確実に本国政府にお伝えすることも要請します。

:::::::::::::::::::::::::::::::::

Request to the President of the United States of America
and the Government of the United States of America

September, 25th, 2012

ANTI-TEPCO ACTION !

First of all, dear lovely people living in the United States of America,
We, ANTI-TEPCO Action!, are very sorry for people living in the United States, especially for those living in the West Coast, and for those living in the islands of the Pacific Ocean, for what Fukushima nuclear catastrophe caused, which without a doubt is serious radioactive pollution in the air, and in the ocean, as Japanese citizens, who could not have stopped nuclear plants before March 11th, 2011, and who therefore are part responsible for this catastrophe.

Here, we make the following requests to the President of the United States of America and the Government of the United States of America, by showing our strong will that we would like to stop all nuclear plants, weapons, and facilities in Japan, the United States of America, and the rest of the world, together will you, lovely people living in the United States of America!

Let’s unite for “OUR ONLY EARTH, WITH NO NUKES”!!

To: Mr. Barack Obama, the 44th President of the United States of America,
There are currently 2 nuclear plants under operation out of 50 in Japan. There is no nuclear plant under operation in the service area of TEPCO, Tokyo Electric Power Company. The area includes Yokosuka, where George Washington, a nuclear-powered aircraft carrier, is at anchor.

Now some seismologists point out Nankai Trough of Japan may cause a large earthquake and a tsunami in the future. Also, it is conceivable that Yokosuka may be hit by a magnitude 7 earthquake in the future, by the active faults in the north of Miura Peninsula. We have to say, therefore, the 12th berth, where George Washington is at anchor, is in serious danger, also because most parts of Yokosuka Naval Base are reclaimed ground.

We, ANTI-TEPCO ACTION!, here request the following to the President of the United States of America and the Government of the United States of America, in order to remove this potential danger of nuclear and military strength, and to stop this current unusual condition, which a nuclear-powered aircraft carrier, loaded with dual 600,000kw nuclear reactors, is at anchor in Tokyo Bay, with no obligation of being inspected by Japanese nuclear regulatory agency.

A) The United States of America should return George Washington to the United States of America. Also, the United States of America should dismantle any relevant facilities to the nuclear-powered aircraft carrier in Yokosuka Naval Base.
B) The United States of America should not put nuclear-powered submarine into any port in Japan, and into the territorial seas of Japan. We are apprehensive about serious accident of such submarine as there are many cases of radioactivity leakage and collisions in the past.

C) The United States of America should permit Japanese citizens to inspect United States military base in Japan, for whether the United States armed forces bring nuclear weapons and weapons of mass destruction into Japan or not.

D) The United States of America should withdraw the arbitrary and groundless “safety declaration” of MV-22 Osprey tilt-rotor aircraft, the new transport helicopter, which has already caused several minor and major accident, and should halt deployment of the aircraft. In other words, the United States of America should return the aircraft currently at Marine Corps Air Station Iwakuni to the United States of America, and should abandon deployment of the aircraft in Okinawa.

E) A former engineer of General Electric Company points out that one of the root causes of Fukushima nuclear catastrophe is that the Government of the United States of America sold the defective BWR with Mark 1 containment of General Electric Company to Japan, without explaining about the defection. The Government of the United States of America should admit to the part responsibility for Fukushima nuclear catastrophe, and should apologize to people in Fukushima, and to all victims of the catastrophe.

F) The Government of the United States of America should take certain responsibility for resolution of Fukushima Daiichi nuclear plant as evidence of the apology in E). The Government of the United States of America should provide necessary technology for resolution of Fukushima Daiichi nuclear plant, and necessary technology and facilities for treatment of the victims exposed to radiation due to Fukushima nuclear catastrophe, free of charge.

G) The United States of America should withdraw statements made by the government officials against denuclearizing movements in Japan, such as the statement in “Armitage Report”, which urges Japan to retain nuclear plants, and the statement made on September 13th by Patrick Cronin, a senior advisor of Center for a New American Society (CNAS), which stated, “It is risky to state such a definitive goal without a concrete process.”.

H) The Government of the United States of America should not attempt to control the nuclear energy policy in Japan from behind the scenes. The Government of the United States of America should not affect Japan’s political action for denuclearization by nullifying Japan-United States Atomic Agreement. The United States of America should no longer interfere in nuclear energy policy in Japan.

I) As long as the President of the United States of America aims for “a nuclear-free world”, the United States of America should dismantle all nuclear weapons and facilities unconditionally, and should take the lead in this field.

J) United States Fleet Activities Yokosuka in the past functioned as a front-line base for aggressive wars such as Korean War, Vietnam War, Gulf War, Iraq War, Afghanistan War, and so on. We, ANTI-TEPCO ACTION!, regret this fact, and thus protest against United States Fleet Activities Yokosuka, which is directly connected with wars. The United States of America should remove Fleet Activities Yokosuka.

Last, we must say that we protest against nuclear-powered aircraft carrier and MV-22 Osprey tilt-rotor aircraft not only because they are simply dangerous but also because they are aircraft carrier and helicopter designed to or help to kill people at war. We, therefore, request that the United States of America should remove all United States Military bases in Japan, such as military bases in Okinawa, which exist to invade other countries.

We, ANTI-TEPCO ACTION!, request the above to the Government of the United States of America and the President of the United States of America. We do request that staffs in Embassy of the United States of America definitely send our requests to the Government of the United States of America.

昨年8月24日の東電本店前でのアクションで東京電力に手渡した申し入れ-要請文です。

「収束作業員の雇用面・健康面の徹底的なケア・多重下請け構造の一掃」、「不安に思う者の避難の権利を認め、積極的な避難費用の補償」、「東電歴代経営陣の全財産の返上」etcを求める内容となっています。


         申し入れ書


8月24日

東京電力株式会社 取締役会長   下河邉和彦 殿
東京電力株式会社 代表執行役社長 廣瀬 直己 殿

                           東電前アクション
                   

 私たちは、貴東京電力株式会社(以下、東電)に対して、以下のように申し入れ、実行に移すことを求めます。

■収束作業労働者の待遇などに関して

一、 福島第一原発の収束作業に関わるすべての労働者の被ばく管理を行い、多大な被ばくをさせることのないように徹底すること。

一、 これまで収束作業に関わったすべての労働者の追跡調査を行い、健康面の影響を把握するように努めること。そして、必要な補償を行うこと。また、健康調査の結果を社会的に公表すること。

一、  収束作業及び原発労働に関する人材派遣企業を介在させた多重下請け構造を一掃し、すべての収束作業員を東京電力の直接雇用とすること。そして、すべての収束作業員を国家公務員並みの待遇とすること。

一、 安全対策を怠り、福島事故を引き起こした最大の責任者である勝俣前会長をはじめ、東電の歴代経営陣を収束作業に携わらせること。

 
■福島の人々への賠償などに関して

一、 東電は「拡散した放射性物質は無主物」などとする立場を撤回すること。自らの社会的に許されない立場を自覚して、被ばく地域行政に多大な負担を押し付けている除染の費用を全額負担すること。

一、 「警戒区域」住民か否に拘らず、福島及び宮城南部・茨城北部を含むすべての避難者への補償 ・賠償を誠実に行うこと。

一、 東電は、福島及び東北全域、北関東に至るまで、放射性物質に汚染され、あるいは「風評被害」で値崩れした農産物・海産物を福島事故前の価格で全て買い取ること。

一、 福島事故で200以上の核種が漏れ、拡散した状況で、いわゆる「低線量被ばく」(100ミリシーベルト以下の放射線量の被曝)だから将来も影響はないと断言することは誰にもできるはずがありません。東電は、最低限不安に思う者の避難の権利を認め、積極的に避難費用を補償すること。

一、 福島第一原発の4号機の危険は、今や世界中で認識され報道されています。東電は、一方的な「安全宣言」に終始するのではなく、地震などによる倒壊リスクをあますことなく公表すること。そして、4号機 の倒壊の危険が完全に去るまで、福島の人々を優先的に東日本全域で生活する人々の避難の権利を認め、必要な補償を行うこと。そのための協議を政府と直ちに行うこと。

■その他

一、 福島第一原発の5、6号機および福島第二原発の全原子炉を使用不能と認め、閉鎖のための手続きに入ること。

一、 柏崎刈羽原発の再稼働を絶対に行わないこと。福島事故を引き起こした加害当事者たる東電に原発を扱う資格はもはやなく、東電は所有のすべての原発の閉鎖し、あらゆる原子力事業から撤退すること。

一、 福島事故の責任と負担を電気利用者に一方的に押し付ける電気料金の値上げをしないこと。東電歴代経営陣の全財産を福島事故被害者の賠償のために返上すること。

 
 以上 、私たちは求めます。      

12月14-15日に行われた「原発いらない福島の女たち」が呼びかけたIAEA(国際原子力機関)と日本政府の共催による国際会議への福島県庁と郡山での抗議アクションに東電前アクション!からもメンバー+友人6人で参加しました。

kencho1 011



















▲12月14日、行動に先立って県庁側に「IAEAの福島進出の中止」、「除染でなく汚染地域の避難の優先」、「学校単位の疎開の開始」などを求める申し入れ。(申し入れ文下記に転載)



kencho1 019  



















▲申し入れ後、県庁脇の「もみじ山公園」でデモ出発前集会。武藤類子さんは「結局、安全アピールのための福島でのIAEA会議。そういうことを伝えていく努力を続ける。そして、感性を研ぎ澄まして見抜いていこう」とアピール。


kencho1 046



















▲県庁⇒福島駅へデモに出発。過剰警備をものともせず150人で賑やかに成功。


  kencho1 053




















▲デモ解散地点の福島駅前広場でも街頭アピール後、福島抵抗の踊り「かんしょ踊り」を全体で。


kencho1 062



















▲夜、郡山市に移動して「広瀬隆講演会」に参加。「IAEAは悪魔なんです。悪魔が福島のみなさんを殺しに来ると思ってください」と広瀬さん。


kencho1 065



















▲15日、IAEA会議が行われる郡山市ビッグパレット付近で朝8時から抗議行動。


kencho1 068



















▲福島に悪魔がやって来た!

kencho1 091



















▲フランス、ベルギーなどから抗議団到着。


kencho1 095



















▲海外からの抗議団はあいさつを終えるなり、IAEAへの要請文を持って機動隊の阻止線に向かっていった。


kencho1 103



















▲全体でIAEAへの直接要請行動。

kencho1 104



















▲250人でIAEAに迫る。


::::::::::::::::::::::::::

                              2012年12月14日

                             福島県知事 佐藤 雄平 殿

原発いらない福島の女たち

        福島県でのIAEA閣僚会議等に関する要請書

 私たちは、福島原発事故以来、原発廃止のためのあらゆる活動を続けている女性グループです。経産省前での座り込み、原発事故1周年における集会など様々な活動の中から、あらゆる生命の存在を脅かす原発廃止の声を上げ、共感を呼んできました。

 そのような中、福島県で、IAEA(国際原子力機関)閣僚会議が国の主催で開催されています。IAEAは、核管理の名の下に、核と原発を推進するための国際機関であり、収束さえしていない原発事故に今なお苦しみ続ける福島にそのような組織が進出することは、どのような理由であれ私たちは認めることができません。

 以上のことから、私たちは、貴職に対し以下のとおり要請します。



【要請内容】

1.福島へのIAEAの進出をやめさせること。

2.莫大な資金を投じて1年半続けられた除染の効果は、多くの県民から疑問視されている。除染の限界を見極め、汚染地域の住民を避難させ、避難に伴う損失を県の責任で賠償すること。

3.県外避難者の住宅補助の打ち切りなど避難者への非情な扱いを止め、支援をすること。

4.子どもたちの避難を実現するため、学校単位の疎開・保養を直ちに実施すること。

5.健康被害がないとの前提で進められている県民健康管理調査を根本的に見直し、科学的で客観的、公平なものとすること。併せて、健康被害の過小評価を目的とした検討委員会の議事進行や特定の方向への議論誘導などをしないこと。

6.「秘密会」の開催や健康被害のごまかし、隠ぺいを主導してきた責任者に対し、適正な処分をすること。

7.モニタリングポストによる測定を正しく行い真摯な情報公開を行うこと。

8.福島県民の共通の願いは核・原発の廃絶である。核推進機関を呼んだ国際会議ではなく、核・原発廃絶のための国際会議を開催すること。

9.1~8までの要請を受け入れ速やかに実行した後、今回の原発事故まで原発推進の立場を取ってきた知事として、辞任という形で県民に対し責任を取ること。

(以上)

昨年4月27日に行った経産省前アクションの際の要請-申し入れ文です。

「全原発の廃炉手続き」の要求の他に、「廃炉決定後の原発立地地域のケア」、「大企業に"電力使用税"を課せ」、「"地球温暖化防止のために原発は必要"という虚偽キャンペーンの停止」、「全電力供給事業の"脱営利事業化"」などを求める内容となっています。


::::::::::::::::::::::

経済産業相 枝野幸男 様
                                                     4月27日

                   申し入れ書
                                                  東電前アクション!
                                               

 私たち東電前アクション!は、原発のない社会の実現を目指して活動をしています。
そして今日、旧ソビエト連邦におけるチェルノブイリ事故発生から26年を迎えるに期して、以下のように経済産業省および枝野幸男大臣に求めます。

一、 私たちは、100%安全な原発など存在し得ないと考えています。全国の原発の順次廃炉を決定し、その手続きに直ちに入ること。

一、 再処理をはじめとする核燃サイクル事業の破たんを認め、撤退を決定すること。

一、 政府自身が「点検で停止した原発は安全が確認されない限り再稼働させない」としています。しかし、福島第一原発の4号機は原子炉から燃料を抜いた状態であってもシビアアクシデントを起こしました。経産省は、「安全の確認されていない」全原発の使用前-使用済み核燃料をはじめ、事故を起こす可能性のあるすべての機器の撤去を促進すること。電力会社による再稼働に向けたあらゆる手続きや新たな燃料の搬入などを停止させること。

一、 大飯原発、伊方原発の安全性に関わる「ストレステスト」について、政府・経産省、原子力安全・保安院、原子力安全委員会のいずれもが「絶対に安全」と断言していないのが現状です。そして、手続き的にも、あるいは耐震性の計算などにおいても不備が指摘されています。経産省は、これまでの「ストレステスト」の結果を破棄し、「テスト」を根拠とした再稼働の手続きをすべて中断すること。

一、 東京電力への安全指導を怠り、福島事故を引き起こした加害当事組織である経産省と原子力安全・保安院、原子力安全委員会が、原発の安全を語る資格などないと考えます。新設されるとされている「原子力規制庁」から経産省と原子力安全・保安院、原子力安全委員会の人脈を完全に排し、原発に批判的もしくは懐疑的な識者も含め「規制」に徹した組織とすること。

一、 保安院は即時に解体して、全原発の順次廃炉のための計画と手順を作製し、廃炉作業員に多大な被曝をさせることのないように指導する「廃炉管理委員会」を設置すること。

一、 経産省は、廃炉を決定した原発立地地域の雇用や生活補償に責任を持ち、交付金に代わる「原発に頼らない街づくり」のための基金を創設し、拠出すること。

一、 枝野大臣は「電力不足の状況によっては計画停電もあり得る」などと恫喝じみたことを語っています。しかし、昨年11月1日に開催された政府・国家戦略会議における「第4回 エネルギー・環境会議 第3回電力需給に関する検討会合」では、夏のピーク時に全原発が停止したとしても、日本全国でわずか30万キロワットの「不足」にしかならないと指摘されています。
この数字は、計画停電などするまでもなく大企業をはじめとした多少の努力で乗り切れるものと考えます。社会を不要に混乱させ、昨年には少なくとも二名の交通事故死者を出した計画停電を絶対に強行しないこと。

一、 私たちは、原子力による破滅も、地球温暖化による破滅も拒否します。政府・経産省は「地球温暖化防止のために原発が必要」などとしていますが、原発はその稼動・燃料の管理・放射性廃棄物の管理などを含めれば火力発電とさして違わない「温室効果ガス排出施設」です。また、温暖化の一方の原因である海水温上昇を温排水の垂れ流しによって促進する施設です。経産省は、「地球温暖化防止のために原発が必要」という言説が虚偽であることを認め、その一切のキャンペーンを中止すること。

一、 ドイツやイタリアのようないわゆる「先進国」やニュージーランドのような日本とおなじ島国において、「原発のない社会」は実現し、あるいは実現されようとしています。経産省は「原発のない発電量」に合わせた全社会的な電力消費量の削減のためのロードマップを作製すること。

一、 とりわけ電気を大量に消費する一部上場の大企業に対しては、電力消費量に応じて課税することで消費を抑制し、その税収を原発立地地域への交付金に代わる「原発に頼らない街づくり」のための基金や自然エネルギーの普及に充てる「電力使用税」を新設すること。

一、 原子力にも火力=化石燃料の大量消費にも頼らない、その地域の特性に応じて生活・環境に配慮した小中規模の自然エネルギーによる発電とその全国ネットワーク化への転換を図ること。

一、 私たちは、電気供給のような社会的公共性の高い事業を独占的な営利企業が担うあり方が、原発の安全軽視につながり福島事故を引き起こした大きな一因であると考えます。政府・経産省は、全電力供給事業の「国有化」という選択肢を含む「脱営利事業化」を促進すること。


 以上、原子力から離脱し、低電力消費社会の実現のために、経産省が努力・まい進することを私たちは強く求めます。      

A68SJ(BLOGなどをめぐる混乱で報告が大幅に遅れたことをお詫びします)

11月23日「東電よ、労働者の被曝問題、子どもの被曝問題に向き合え!11.23 東電前アクション」を行いました。
今回のアクションで告発したかったことは、大きく2つありました。

1つは、労働者の被曝・子どもの被曝問題が福島で問題化しているにもかかわらず、加害企業である東電が追及を免れている、言い換えると下請け企業や福島県が追及を受けるいっぽうで、当の東電が涼しい顔でいる、このような構図そのものを告発すべきだと考えました。

もう1つは、これは前者の延長上にあることですが、東電がこれから福島県内に置こうとしている「復興本社」構想への異議、とりわけ「復興」という言葉を用いることへの異議です。
福島をこのように壊した当事者が「復興」の主体であるかのような言葉の発しかた、そこに東電の無神経さ、不誠実さが十二分に表れていると私たちは考えました。

まず、東電前アクションから、基調となるアピールを行いました。
「被ばくをめぐる闘い、せめぎ合いはさまざまな次元で起こっている。労働者の身体のなか、子どもの身体のなかでも、細胞を損傷させる放射線と、自己修復しようとする細胞とのせめぎ合いがある。そのような闘い、せめぎ合いと、東京に居る私たちがどのようにどれだけつながっていけるのか、自問自答せざるをえない。しかし、たとえ髪の毛の太さであっても、つながりを作っていかなければならない」

次いで、「被ばく労働問題を考えるネットワーク」のメンバーがアピール。

「被ばく労働問題を考えるネットワークは、昨年9月に準備会を結成し、約1年間の準備期間をかけて、11月9日に270人が集まり結成集会を開いた。幸いにも多くのマスコミが取り上げてくれた。しかし準備会から結成まで1年を要したのは、問題の切実さを考えれば、被ばく労働を強いられている方々が、生活そのものが逼迫していて、なかなか声を上げていくことができないことが大きい。細々とつながりを作り出している段階だ。

除染労働の労働被ばくの現場で労働争議が持ち上がっている。楢葉町での除染作業、これは環境省の直轄事業だが、環境省から危険手当が出されていたにもかかわらず、中間の業者がピンハネしていた。業者は「それでも給料がいいのだからいいじゃないか」と言い出し、次いで「危険手当を支給するかわりに基本給のほうを下げる。それでもいいだろう」と言い出し、労働争議になった。法定の最低賃金まで下げた基本給を提示してきた。

収束作業の労働者は、それよりもさらに厳しい、低い賃金で働いている。そういう条件でも働かざるをえない労働者がたくさん居る。そして被ばく線量が法定量に達すれば切り捨てられていく。東電の社員なら、原発で働けなくなっても火力発電の現場に移す、ということになるはずだが、下請け労働者は切り捨てられていく。そうやって、原発はこれまで維持されてきたのだと思う。

11/25に、いわき市で健康相談と講演会を組み合わせた催しを行う。並行して、いわき市に拠点を準備している。切り捨てられ、住む場所も失った人のシェルターの機能も果たすだろう」


次に、東京の有志グループ「鯛becs」からのアピール。

「被ばく労働について自発的に学習し、学習成果を広める活動をしている。今年に入り、このままでは誰かを死なせながら、自分はそのことに何もしないまま時が過ぎていくことになる、そういう切迫したモチベーションが起こり、仲間を募り活動を始めた。

フライヤーを作ったり、映画会を開いたり、労災認定を求める裁判を起こしている方へのカンパ集め活動などを行っている。これまでに労災が認められているのはわずか11人。その陰でどれだけの労働者が病に倒れてきたのか。この東電の建物は、そのような人々を踏みにじって建てられた、恐ろしい建物であることを強く感じる」

さらに、「被ばく労働問題を考えるネットワーク」から別のメンバーがアピール。

「東電は被曝労働者に対してきわめて冷淡な対応を取り続けている。東電は福島第一における『全ての」労働状況に対する責任があるべきだ。それは被ばく問題に限らないが、とりわけ労働者の被ばくに関しては、電力事業者である東電に最終的責任がある。それは法的にも明らかである。

私たちは労働相談を受けるなかで、さまざまな問題を耳にしている。被ばく量を計測する線量計を付けずに現場で働かされる、あるいは(報道されたように)鉛のカバーを線量計に付けて被ばく量をごまかす、そういう話はいくつも耳に入っていた。しかし私たちの「調べろ」という要求に対して、東電は「そのような事例は一つもなかった」という返答を繰り返してきた。

私たちは、この原発事故があって、多くの労働者が放射線によって身体に影響を受けながら働いている、そのことに関して私たちも責任がある、そう感じてきた。私個人は日雇い労働者の支援活動をしてきたが、そのまわりに多くの被ばく労働者がいたはずです。しかしこのことをきちんと取り組んでこなかったことが、この事故を経て、多くの労働者が被ばく労働せざるをえない状況を生んだ、自分たちの側にも責任がある、そう感じています。

しかし、事業主体である東電が、なぜこれほどまで冷淡に、労働者の被ばくについてほおかむりを決め込むことができるのか。許せない。
鉛カバーの件で言えば、労働者や下請け業者が自主的に鉛カバーを線量計に付けるというケースもあります。なぜかと言えば、被ばく量が一定の量に達すれば法的に労働に就けなくなりなり解雇される、生活の糧を失う、それを恐れて鉛カバーで被ばく量をごまかしながら働いている、東電はそれを知っていながら「報告がない」ということで知らんぷりを決め込み、生活の不安を抱える労働者を犠牲にしながら生き延びている。

全ての原発労働者は東電が直接雇用し、東電が直接、労働被ばくに対する責任を負うべきだ。下請け業者や労働者に責任をおっかぶせるのではなく、東電が責任を負い、そして働けなくなった労働者の生活を含め、すべて東電が責任を負え」

そして、毎週金曜日に文科省前・財務省上でアピール行動を行っている「ふくしま集団疎開裁判の会」から柳原弁護士が駆けつけアピール。

この他に、大間原発の敷地内で建設反対運動を行う「あさこハウス」を支援するために新たなアクションを組織しはじめた有志、大飯原発現地で再稼働阻止を闘った有志からもアピールがありました。

今回は急激に寒くなった気候なども災いして少人数でのアクションとなりましたが、今回を起点に、今後も繰り返しこの問題を追及し続けていきたいと思います。

このページのトップヘ