東電前アクション! (新BLOG)

反差別・地域格差・南北格差・反軍事・エコロジー全般を意識し包摂する「反原発社会運動」として展開中!

2014年01月

☆☆☆☆☆
 
【2.23映像と討論】
「原発を遠隔地に押し付ける」という暴力
~福島浜通り、そしてベトナム・トルコ~


2/23(日)13:30~16:00
原宿・穏田区民会館1階集会室
資料代カンパ500円 ※経済的にお困りの方は受付にて相談承ります

主催 東電前アクション!
BLOG: http://antitepco.ldblog
TWIT: https://twitter.com/antitepco1
MAIL: antitepco1@yahoo.co.jp

内容構成
・大熊町への原発建設をめぐる証言ドキュメンタリー番組をダイジェスト視聴
・木幡ますみさん(大熊町民、311事故後は会津若松市の仮設住宅に避難中)のお話
・実行委などからベトナム・トルコ・インドへの原発輸出反対の問題提起
・ディスカッション

3.11原発事故から3年、原発ムラの人々は原発をやめようとしません。

原発をやめないと言うことは、原発を大都市から離れた地域に押し付けるという「暴力」をやめない、ということです。
沖縄の基地問題とも通底するこの「暴力」について、皆さんとともに映像を視聴し、大熊町民(3.11事故後、会津若松市の仮設住宅に避難中)の木幡ますみさんのお話を伺います。

そして現在進行している(ベトナムやトルコへの)原発輸出の問題を含めながら、この「暴力」にどう向き合うのか、皆さんと考えたいと思います。

※私たち東電前アクション!は、この企画のあと、3/11(火)東電本店前、3/13(木)経済産業省前での抗議アクションを予定しています。

☆☆☆☆☆ 

IMG_0897














1月24日、通常国会開会のこの日に、「日トルコ・日印原子力協定反対!原発輸出反対アクション」を永田町の首相官邸前で行いました。参加者は50人。翌25日には安倍首相がインドを訪問して、シン首相との首脳会談で順調に行けば原子力協定が締結されるということもあり(結局今回の訪印では締結されず)、安倍首相の「原発セールス」に抗議する意図も込めて企画しました。

P1000030 (1)












主催からのアピールや発言から。
"今年に入って、トルコ首相が日本に来日して原子力協定の批准承認を相方の国会で進めると合意した。この通常国会で原子力協定の問題が浮上するだろう。原発輸出に反対する具体的な行動として、原子力協定反対の国会闘争に取り組みましょう"


"秘密保護法の問題と原発輸出の問題はつながっている。非英語圏では、まだまだ福島第一原発事故の実態は伝わっていない。ベトナムの原発建設予定地にされている地域で住民が「政府からフクシマの事故は終わったと聞かされて信じていた」なんて言っていたという話もある。私たちは、原発事故の真実を世界に発信していくべきだが、そういう活動を秘密保護法は規制するだろう"


"また、日本政府はベトナムへの原発輸出のために「調査費」などの名目で税金25億円、うち「復興予算」が5億円も流用されている。これだけでもふざけた話だが、この内訳を情報開示請求しても、黒塗りだらけの紙を渡されるだけだ。現在でもそうなのだから秘密保護法が施行されたら、原発や原発輸出の問題はさらに秘密のベールに隠されるだろう。秘密保護法の廃止と原発輸出反対の運動を一体のものとして取り組もう"


Be1F45xCMAEZlqj
"原発輸出-原子力協定は、軍事協力と一体であり、軍事装備品の輸出入に関する条項も大抵付け加えられている。「原発メーカー」と呼ばれる三菱・東芝・日立は何産業と呼ばれているか?軍需産業だ。原発を売り武器を売る文字通りの「死の商人」の跋扈を許さない。だから安倍のインド訪問に反対するし、原子力協定・原発輸出反対の大きな行動をつくらなければならない"


おなじ24日に、インド・ムンバイでは安倍首相のインド訪問に反対する大きな集会デモが行われました。私たちの行動は、このインドの動きにささやかながらつながるものとなりました。しかし、福島原発事故を引き起こし、その上原発を輸出しようとしている当事国の日本の私たちこそが大きな行動を作り出さなければなりません。


IMG_20140124_212613















続きを読む

《転載拡散歓迎》
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

日-トルコ・日印原子力協定の国会上程反対!
 原発輸出反対!1.24首相官邸前アクション

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

1月24日(金)21時~(遅くとも22時までに終了)

場所:永田町-首相官邸向かい記者会館前路上

 

◆よびかけ:東電前アクション! 
BLOG: http://antitepco.ldblog.jp/
TWIT: https://twitter.com/antitepco1
MAIL: antitepco1@yahoo.co.jp

 

★1月24日(金)『特定秘密保護法廃止せよ!自由の無い国絶対反対!永田町大集会』にもご参加を!

17時半〜21時、衆議院第二議員会館前、呼びかけ:火炎瓶テツと仲間たち

 

★1月24日、国会開会の日に「原発輸出ゼッタイハンタイ!」の声を!
☆安倍首相の25日からのインド訪問-原子力協定締結許さない!

 

2014年に入り、安倍首相の原発セールス活動がさらに活発なものになっています。
1月上旬には、トルコ首相が来日して、日本・トルコ両国の国会で原子力協定を承認・批准させることを確認。
さらに安倍首相は、25日からインドを訪問し、順調に行けばこのインド訪問で日本-インド間の原子力協定を締結すると言われています。

すなわち、24日から始まる通常国会は、原発輸出の問題も大きな焦点となります。

 

原発事故を起こして世界を半永久的に汚染しておきながら、原発を輸出して「成長戦略」と称する安倍首相-日本政府のやり方を世界の誰が理解するでしょうか。

そして、原発事故によって国内での原発の新規建設が困難になり、これまで国内の「過疎地」に押し付けてきた原発を、さらに遠くの外国に押し付けるあり方は、人を犠牲にして一部の企業が儲ければ良いとする倫理も道徳もない「植民地主義」そのものです。

 

原子力協定は、軍事装備品の輸出も容易にする条項も付け加えられています。思い出してください。原発メーカーである日立・三菱・東芝は軍需産業でもあることを。
原発輸出はまた、武器輸出に道筋を拓き、戦争と核武装を拡散するものです。

 

犠牲になるのはいつも民衆。しかし、日本の原発輸出に反対する民衆の抵抗はインドで、トルコで、トルコに隣接するギリシャでも広がっています。福島原発事故を引き起こしてしまった日本で生活する私たちがなすべきことは一つ、安倍首相の原発-武器輸出政策に徹底的に反対することです。それが、私たちが世界の人々から信用される唯一の道です。

 

原子力協定-原発輸出反対!通常国会が開かれている間、何度でも声を上げましょう。

 

【過去の原発輸出反対アクション】

★2013年6月7日 仏オランド大統領来日・日仏首脳会談抗議!反戦・反原発6.7アクション
http://antitepco.ldblog.jp/archives/28172530.html

 

★2013年5月29日 日印原子力協定反対緊急アクション
http://antitepco.ldblog.jp/archives/27905346.html

 

★2012年11月16日 日印原子力協定反対!原発輸出反対!首相官邸前アクション
http://antitepco.ldblog.jp/archives/27615819.html

 

★2012年10月23日 「原発輸出反対!」日立前緊急アクション
http://antitepco.ldblog.jp/archives/28718367.html

 

:::(ここまで)::::::::::

このページのトップヘ