12月14-15日に行われた「原発いらない福島の女たち」が呼びかけたIAEA(国際原子力機関)と日本政府の共催による国際会議への福島県庁と郡山での抗議アクションに東電前アクション!からもメンバー+友人6人で参加しました。

kencho1 011



















▲12月14日、行動に先立って県庁側に「IAEAの福島進出の中止」、「除染でなく汚染地域の避難の優先」、「学校単位の疎開の開始」などを求める申し入れ。(申し入れ文下記に転載)



kencho1 019  



















▲申し入れ後、県庁脇の「もみじ山公園」でデモ出発前集会。武藤類子さんは「結局、安全アピールのための福島でのIAEA会議。そういうことを伝えていく努力を続ける。そして、感性を研ぎ澄まして見抜いていこう」とアピール。


kencho1 046



















▲県庁⇒福島駅へデモに出発。過剰警備をものともせず150人で賑やかに成功。


  kencho1 053




















▲デモ解散地点の福島駅前広場でも街頭アピール後、福島抵抗の踊り「かんしょ踊り」を全体で。


kencho1 062



















▲夜、郡山市に移動して「広瀬隆講演会」に参加。「IAEAは悪魔なんです。悪魔が福島のみなさんを殺しに来ると思ってください」と広瀬さん。


kencho1 065



















▲15日、IAEA会議が行われる郡山市ビッグパレット付近で朝8時から抗議行動。


kencho1 068



















▲福島に悪魔がやって来た!

kencho1 091



















▲フランス、ベルギーなどから抗議団到着。


kencho1 095



















▲海外からの抗議団はあいさつを終えるなり、IAEAへの要請文を持って機動隊の阻止線に向かっていった。


kencho1 103



















▲全体でIAEAへの直接要請行動。

kencho1 104



















▲250人でIAEAに迫る。


::::::::::::::::::::::::::

                              2012年12月14日

                             福島県知事 佐藤 雄平 殿

原発いらない福島の女たち

        福島県でのIAEA閣僚会議等に関する要請書

 私たちは、福島原発事故以来、原発廃止のためのあらゆる活動を続けている女性グループです。経産省前での座り込み、原発事故1周年における集会など様々な活動の中から、あらゆる生命の存在を脅かす原発廃止の声を上げ、共感を呼んできました。

 そのような中、福島県で、IAEA(国際原子力機関)閣僚会議が国の主催で開催されています。IAEAは、核管理の名の下に、核と原発を推進するための国際機関であり、収束さえしていない原発事故に今なお苦しみ続ける福島にそのような組織が進出することは、どのような理由であれ私たちは認めることができません。

 以上のことから、私たちは、貴職に対し以下のとおり要請します。



【要請内容】

1.福島へのIAEAの進出をやめさせること。

2.莫大な資金を投じて1年半続けられた除染の効果は、多くの県民から疑問視されている。除染の限界を見極め、汚染地域の住民を避難させ、避難に伴う損失を県の責任で賠償すること。

3.県外避難者の住宅補助の打ち切りなど避難者への非情な扱いを止め、支援をすること。

4.子どもたちの避難を実現するため、学校単位の疎開・保養を直ちに実施すること。

5.健康被害がないとの前提で進められている県民健康管理調査を根本的に見直し、科学的で客観的、公平なものとすること。併せて、健康被害の過小評価を目的とした検討委員会の議事進行や特定の方向への議論誘導などをしないこと。

6.「秘密会」の開催や健康被害のごまかし、隠ぺいを主導してきた責任者に対し、適正な処分をすること。

7.モニタリングポストによる測定を正しく行い真摯な情報公開を行うこと。

8.福島県民の共通の願いは核・原発の廃絶である。核推進機関を呼んだ国際会議ではなく、核・原発廃絶のための国際会議を開催すること。

9.1~8までの要請を受け入れ速やかに実行した後、今回の原発事故まで原発推進の立場を取ってきた知事として、辞任という形で県民に対し責任を取ること。

(以上)