BFJUTyOCIAAIfNd



















福島原発事故から2年になる3月11日、 東電前アクション!と福島原発事故緊急会議の共催で「原発事故から2年。福島を返せ!再稼働反対! 3・11東電本店前アクション~賠償、被ばく労働の責任をとことん取らせよう~」を行いました。参加者は最大時300人にのぼりました。

 19時、主催から東電前アクション!の栗原が「東電を逮捕しろ!」コールでアクション開始。

 「今日は『追悼の日』と言われているが、違う。今日は東京電力を追及する日だ! 東電の公式発表では福島原発事故で死者は出ていないと言っている。しかし、東京新聞(3月11日付)によれば福島だけで事故による関連死が789人だ。それにもかかわらず原発再稼働させろといまだに言っている。犯罪企業を追及する私たちの行動に対して警察は妨害している。30人以上も逮捕されている。9日のデモでも警官が参加者に襲い掛かって逮捕された。絶対に許せない! 東電を逮捕しろ!」
P1000988



















 主催の植松からこのアクションの位置づけの説明。

 「今日の行動は、主に避難者・被ばく労働・放射能汚染・再稼働の四つの問題を取り上げたアクションです。今日、共有したいことは、この二年間、東電を追い詰めきれなかったことということ。もっともっと追い詰めなければならない。被害者への責任を取らせるために。加害企業としての責任を取らせるために。被ばく労働を強い続けている企業としての責任を取らせるために。柏崎刈羽原発の再稼働を、完全に断念させるために。今後、この観点を強化していきたい」
P1000981



















 双葉町から避難している亀谷幸子さんからアピール。

 「事故が起きて、全財産を置いて着の身着のまま逃げ出した。情報もなく、放射能が強い方へ逃げてしまった。泣きながらお弁当を食べたことは一生忘れられない。こんな思いを二度と繰り返させてはいけない。原発再稼働なんて絶対にあってはならない。福島の子どもたちに甲状腺異常が出ている。国と東電は、放射能と関係ないと言っている。子どもたちを守るために医療費を一生ただにすべきだ」
P1000977



















 関東の"ホットスポット"在住者(埼玉県三郷市、千葉県柏市、流山市、千葉市)から次々とアピール。

 三郷在住の方は「孫の尿からセシウムが検出された。家族が当事者になってしまった」...千葉市の方からは「千葉の君津市に放射性廃棄物の処分場建設が持ち上がっている。君津は貴重な水源地であり、関東の広い範囲の飲み水に影響が出かねない。またも地方にこんなものを押し付けようとしていることが許せない」と怒りの声。
P1000993



















 元・福島原発収束作業員のごぼうさんからアピール。

 「福島第一原発の重要免震棟内で放射線管理業務に従事していた。実質拘束時間は12~13時間で日給1万円。ある日元請が宿代が出せないと言い出し、解雇された。現在、解雇撤回を闘っている。下請けは、都合がいい時に集められ、好き勝手に解雇される。こんなことをなくすためには元請に抗議していくことだ。危険手当が出ているのかも、あいまいだ。東電と交渉していく」

 続いて、被ばく労働ネットワークのなすびさんから「東電はコストカットを言うが、実際は収束作業員のなどの下請け解雇という形でしわ寄せされている。東電は依然として、労働者を食い物にし、ばら撒かれた放射性物質を無主物だと言う。除染作業でも東電の子会社が私腹を肥やしている。東電は解体しかない」
P1000982



















 さらに小川正治さん(プラント技術者の会)が福島原発事故の検証、木村結さん(東電株主代表訴訟)が東電の体質を批判するアピール。菅井益郎さん(国学院大教授)が柏崎刈羽原発の廃炉について発言。

 途中、栗原優さんやジョニー・Hさんの歌を織り交ぜながら、参加者にマイクを回して、22時近くまで東電の無責任体質への怒り、そして「賠償で責任を取れ」などのアピールが続き、最後に東電本店に向けて、

「もう東電は~~?」
「いらな~~~~~~~~~~~い!!!!」

P1010001