東電前アクション! (新BLOG)

反差別・地域格差・南北格差・反軍事・エコロジー全般を意識し包摂する「反原発社会運動」として展開中!

カテゴリ:福島

【拡散歓迎!】
===========================

■原発事故から2年・早く被害者への補償/支援政策を!
3.12国会前アクション


http://2011shinsai.info/node/3729

===========================

◆3月12日(火)18時~20時 国会正門前
 
 (最寄り駅)
   永田町駅(有楽町線・半蔵門線・南北線) 出口1より徒歩約3分
   国会議事堂前駅(丸ノ内線・千代田線) 出口1より徒歩約6分

◆アピール
◎福島県内から/警戒区域からの避難者/自力避難者/
 ホットスポットから/被ばく労働ネットワーク/
 満田夏花さん(国際環境NPO FoE Japan)/
 阪上武さん(福島老巧原発を考える会)ほか

◆呼びかけ:福島原発事故緊急会議 http://2011shinsai.info/
( 問い合わせ)植松(090-7831-3383)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆

なぜだろう、
今年の国家予算案で、原発事故被害者への補償/支援予算は0円。

なぜだろう、
未だに決まらない「原発事故子ども・被災者支援法」の実施基本計画。

なぜだろう、
自力避難者への賠償が、一人全額12万円(子ども・妊婦でも68万円)

なぜだろう、
実現のめどが見えない、被害者からの支援政策要求の数々。

たとえば、年間1mSv以上の地域を「支援対象地域」にという要求。
福島県全域、さらに各地ホットスポットを「支援対象地域」にという要求。
まともな健康診断を定期的に受けさせて、という要求。
避難者に避難先で健康診断を受けさせて、という要求。
避難者に今後も住宅の提供を、という要求。

なぜだろう、
原発事故被害者の生存権が尊重されない政治。
もう2年も経ったのに、まるで動き出さない国家。

政治に、国に働きかけましょう。
当たり前の生存権のために。
国策の責任を取らせるために。

巨大な暴力を受けて、受け続けて
私たちは暮らしています。
まやかしの追悼式典やうわべの言葉ではなく
償いと、健康被害予防のための政策を。

3月12日、国会正門前に集まり、要求しましょう。


======================
 

////////////////////////////////

福島第一原発収束作業員の、人間の尊厳をかけた闘いに広範な支援を!

ごぼう支援協議会


▼支援をよびかけます!

福島第一原子力発電所の収束作業、そして今や多くの人が望むところである「廃炉」を遂行するには、これまで以上の膨大な被曝労働が必要となるのは、いうまでもありません。「いま、この瞬間にも」作業員は劣悪な環境で働いています。「廃炉」や「事故収束作業」は、当然にも作業員の生活と生命をまもったうえで行われなければなりません。
私たちは、作業員が直面する労働問題を自分の社会に直結する問題と捉え、支援していきます。ごぼうさんがはじめた闘いを支援し、勝利しましょう。

▼これが被曝労働の実態!

ごぼうさんは、福島第一原子力発電所の重要免震棟内で、放射線管理業務に従事していました。宿舎のあるいわき湯本からJビレッジまでは片道1時間から1時間半かかります。Jビレッジでイチエフ入域のために防護服に着替え、打ち合わせを行い、待機。イチエフでの作業時間は8時間ですが、通勤と待機に4~5時間を要し、実質の拘束時間は12~13時間。1日12時間以上働いて日給1万円、月給は手取り16万強。残業代はまともに支給されず、「危険手当(特別手当)」や「帰省交通費」などは一切支払われていません。ひと月の被曝は2~3ミリシーベルト。通勤時には往復で毎日15マイクロシーベルトの通勤被曝を強いられます。

▼収束作業員は「使い棄て」されている!

2012年10月5日、下請け会社のサンシード社は、ごぼうさんに電話で解雇通告をしてきました。サンシード側の説明によれば、「元請けのアトックス社とサンシード社の契約が10月末で切れるので、福島営業所を閉鎖し、福島にいる従業員全員を解雇する」とのことでした。会社の寮に住んでいたごぼうさんは、11月5日付で解雇されると同時に住居を失う危機に直面しました。ごぼうさんの加入するフリーター全般労働組合(以下、組合)は、サンシードに対してごぼうさんの解雇撤回、未払賃金の支払いと住居確保等を求めて団体交渉を申し入れ、2012年10月26日にいわき市内で交渉を持ちました。交渉の場で11月末までの住居確保は約束させたものの、サンシード社の解雇の意思は頑強で、「アトックス社との契約解除に伴うイチエフ撤退」を理由に「解雇は正当なものである」と主張し続けています。組合は、サンシード社が約束した「解雇を避ける努力をする」という団交での約束を履行しないため、東京都労働委員会に不当労働行為救済の申し立てを行いました。

▼消えた「危険手当」

イチエフでの収束作業は外部被曝・内部被曝を伴う危険な作業です。東京電力は通常の労務単価に危険手当の上乗せをして発注していることが昨年11月にメディアで報じられています。ごぼうさんは作業員の労賃を管轄する東京電力資材部に相談したところ、担当者は割増の契約を元請会社と結んでいることを認めました。
サンシードと組合の団体交渉で会社側は「イチエフの収束作業にあたり危険手当はアトックス社より支払われていない」と回答。一方、東電は「上乗せしてアトックス社と契約している」と答えました。サンシードの「危険手当をアトックス社より受け取っていない」、そして東電の「アトックス社には支払っている」との主張がともに真実であるとするならば、本来作業員に直接渡さなければならない危険手当を不当に詐取しているのは元請企業のアトックス社、ということになります。ごぼうさんの闘いは労働者に対し、被曝労働に見合った対価をキッチリと支払わせる闘いでもあります。

▼原子力企業「アトックス」は、イチエフ収束作業員を「偽装請負」させている!

東京・中央区に本社がある大手原子力発電所保守管理のアトックスの社員は、サンシード社に仕事を発注している元請け会社であり、ごぼうさんを指揮命令してはならない立場です。もし指揮命令下に置いて使用するなら、アトックス社はごぼうさんを直接雇用する責任があります。アトックス社は、サンシード社を含む多くの「下請会社」を間に挟み、作業員を雇用の調節弁として使いたい時だけこき使い、まるで取替え可能な部品であるかのように「使い棄て」にし、これまでも雇用責任を逃れてきたのです。

▼アトックス社は開き直りを続けている

組合は、元請け会社のアトックスに対して、ごぼうさんの直接雇用を求めて団体交渉を申し入れました。ごぼうさんに対して日常的に直接の業務指示を出していたアトックスは偽装請負という違法行為をはたらいていたのです。アトックスにはごぼうさんを雇用する責任があります。
しかしながらアトックスは、「ごぼうさんとの直接の雇用契約がない」ことを理由に、組合との団体交渉に応じることを頑なに拒否し続けています。やむなく組合は東京本社へ団体交渉の申し入れ書を直接持参しました。しかしアトックス社に指示された警備員には「例の組合がきました」「早急に手順の実施をお願いします」などと団体交渉申し入れ書を届けることさえ妨害し拒否したのです。組合は、このようなアトックス社の団体交渉拒否の姿勢を不当なものであるとして、東京都労働委員会に不当労働行為救済の申し立てを行い現在係争中です。組合との団体交渉に応じることを頑なに拒否し続けています。

▼アトックス現場責任者による日常的な暴力的支配が蔓延している。

自分が働いている会社ごと切り捨てられることに脅えるサンシードの下請け作業員たちは、アトックスの現場責任者にモノをいうことができません。それをいいことにアトックスの現場責任者は、下請け企業の人事や契約内容に差配を下すことができるという優越的な立場を悪用し、労働者にクビをちらつかせながら暴力的な言辞による恫喝を日常的に行なっています。下請け作業員の中には、このアトックス現場責任者の「天の声」によってクビにされたり、パワーハラスメントに耐え切れなくなり「自発的に退職」させられたり、より危険な作業部署への懲罰的配置をされた人もいます。重要免震棟で大声を張り上げて下請け作業員たちを罵倒するアトックス現場責任者の振る舞いは、他社を含む全イチエフ収束作業員にとって、良く知られている風物となっています。パワーハラスメントと下請け企業の従業員への業務指揮・命令、下請け企業への人事介入という違法行為を行なっているアトックス社の責任を徹底的に追求するものです。

▼責任を負うべきは誰なのか?

私たちの社会の労働環境は、重層的下請構造のもとで株主や経営者、政府がとるべき責任を免れることが常態となっています。とりわけ原発は、幾次にもわたる下請会社(協力企業!)を通して、作業員を柔軟に雇用し解雇できる仕組みを維持することで、都市貧困層と原発立地地域住民など特定小数者に被ばくを強制して動いてきました。事故後の収束作業でもこの仕組はまったく変わっていません。今回の解雇問題によって、ごぼうさんをはじめとしてサンシード社を通じて働いていた作業員は、日々の糧を突如として失ってしまいました。雇用していたサンシード社、サンシードを切ったアトックス社、アトックス社を締め付けている東京電力、それを支えて原発を推進してきた経済産業省・文部科学省、そこから配当を受け取ってきた株主たちに責任を取らせなければなりません。彼らこそ被ばくを強いられながら働いてきたごぼうさんたちの雇用や生活に責任を持つべきです。私たちは本当に問われるべき者たちを問いましょう。

--------------------------------------------------------------------------

【解説】

発注企業:東京電力
      ↓
受注元請け企業:アトックス、(東芝、日立、鹿島建設、東電工業etc.)
      ↓
一次下請け企業:サンシード、(T社、J社、S社、D社etc.)


○--------------------------------○ 
  【ごぼう支援協とは】
わたしたち「ごぼう支援協議会」には、福島第一原子力発電所(通称「イチエフ」)で被曝労働に従事していたごぼうさんの労働争議を支えるため、労働組合や市民運動、イチエフ収束作業員、有識者などが集まっています。今後、ごぼうさんの労働案件の状況について定期的にニュースレターやブログ、ツイッター等を通じて情報発信していくとともに、多くの方々に支援と賛同を呼びかけます。

○---------------------------------○
  【賛同メッセージをお寄せ下さい】
広範な人々が被ばく労働の差別的な構造を社会化していくことが、重層的下請け構造を崩していく大きな一歩であると考えます。以下の連絡先に賛同メッセージやご意見をお待ちしています。ブログ等に順次掲載させていただきます。(氏名公表の可否も明記下さい)

 お名前:
 肩書き:
 賛同メッセージ:
 お名前・肩書きの公表の可/不可:
 賛同メッセージの公表の可/不可:
○---------------------------------○
  【メッセージ送り先はこちら】
hibakusyaberuあっとgmail.com
※スパムメール攻撃防止措置を講じています。「あっと」を半角英数字「@」に置換して送信ください。
○---------------------------------○
  【カンパのお願い】
ごぼう支援協では、労働案件の長期化に備え、お金が必要です。カンパを切にお願い致します。

団体:一口 3000円
個人:一口 1000円

カンパ振込先:郵便振替口座 00180-5-663996 口座名:ゴボウ支援協議会

*なお、賛同と賛同メッセージは、カンパの有無に関わらず募集しています。

********************************************
〒151-0053
東京都渋谷区代々木4-29-4 西新宿ミノシマビル2F
フリーター全般労働組合 気付『ごぼう支援協議会』
電 話:03-3373-0180
FAX:03-3373-0184
twitter: @gobouxatox
mailto: hibakusyaberuあっとgmail.com
Blog:
http://goboushiennkyou.blogspot.jp/


---

東電前アクション!も参加します。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆転送・転載大歓迎★☆★☆★☆★☆★☆★☆

子どもたちを被曝から守ろう!2.23新宿・アルタ前デモ

2月23日(土)
13時~新宿東口アルタ前広場集合 
呼びかけ人や福島からスピーチ
14時30分~皆で元気に新宿へデモ出発
15時20分~デモのゴール、アピール、終了

主催:ふくしま集団疎開裁判の会 http://fukusima-sokai.blogspot.jp/
連絡先 光前法律事務所(03-5412-0828)
メール:sokai@song-deborah.com ツイッター:@Fsokai

(呼びかけ人)荒井晴彦 おしどりマコ 柄谷行人 神田香織 斎藤貴男 
坂本龍一 沢田昭二 高橋哲哉 ちばてつや 鄭義信 ノーム・チョムスキー 
野中ともよ 広河隆一 広瀬隆 船橋淳 山本太郎       
(2月20日時点、五十音順。呼びかけ人のメッセージを以下で公開しています)
★個人・団体賛同とメッセージを大募集します。以下からお申込ください。

―今、一番大事なこと! 子どもを守ろう! 子どもの被曝を許すな!
子どもに避難の権利を! 安心して疎開できる環境を!―

今、福島の多くの子どもたちは、チェルノブイリ基準では強制移住地域、避難権利地域とされている放射線量のなかで生活しています。ウクライナ共和国からは、チェルノブイリ原発事故後に生まれ、福島より放射線量の低い地域で生活している子供たちの80%以上に健康被害が発生しているとの悲痛な報告が届いています。

いま、福島県が行っている県民健康管理調査なるものは、子どもたちには健康被害は発生しないと考えている人たちによるもので、本当に必要な情報が公開されていません。私たちは、子どもから未来を借りて今を生きています。福島の復興とは子どもたちに未来を返すことです。もっと真剣に、もっとまともに、子どもの未来と復興を考えるのなら、除染がダメな現実を直視するなら、子どもたちを、被曝から確実に守る避難こそが最優先されるべきです。子どもたちにこれ以上の犠牲を強いるのは、私たちが犯す罪です。子どもに避難の権利と安心した疎開を、そのための環境を、作り上げよう!

―子どもを危険な被ばくから逃がす「ふくしま疎開裁判」がふくしまの子どもの命を守る―
   
ふくしまの子どもたちは、今もずっと危険な中に置かれたままです。
ふくしまの復興が叫ばれていますが、いま最優先の復興とは、子どもたちを危険な被ばくから避難させる「命の復興」です。疎開裁判は大詰め、3月には仙台高裁で結論が出る予定です。国連人権委員会をはじめとして世界も注目。裁判所に私たちの願い、私たちの声、私たちの思いを伝えましょう!

チェルノブイリ事故の時、チェルノブイリ憲法9条ともいうべきチェルノブイリ住民避難基準を作り、子どもたちの命を救ったのは、これを要求する多くの市民の声でした。今からでも遅くありません、私たちもチェルノブイリから学んで、行動を起こしましょう!子どもたちの命を救いましょう!

※疎開裁判の会は、全てのいのちを守ることを目的とした集まりです。
差別と暴力を肯定する個人、グループの参加はご遠慮ください。


Spiders’ Nest :: フリーター全般労働組合
http://d.hatena.ne.jp/spiders_nest/20130115/1358225693
から転載

福島第一原子力発電所での元事故収束作業員当該です。特別手当(危険手当)について東京電力様や外部弁護士など、作業員向けアンケートの結果と対策に記載してある労使関係トラブル改善などの相談先を利用させてもらいました。

ATOX社(原子力代行)とS社と争議中のごぼうです。
東京電力様の対応機関に元作業従事者として相談させて貰いました。より安全でよりよい作業環境を造り1日も早い収束を共になしとげたいと思っています。
以下送付文


東京電力株式会社
代表取締役社長 廣瀬直己
資材部 ご担当者 様
総務部企業倫理グループ ご担当者 様
担当弁護士 鈴木正勇 様


ご相談

前略 私は2012年1月13日から11月1日まで、貴社下請け企業であるアトックス社に使用されて、東京電力福島第一原子力発電所構内の免震重要棟に併設されているプレハブ休憩所にて出入口管理業務に従事していました。雇用契約を結んでいたのは、福井県小浜市に本社のあるS社です。

貴社が7月付で発表したアンケートの項目を確認して驚いています。「労働条件・手当」の「特別手当」のところで、貴社は「福島第一原子力発電所固有の作業環境や作業条件に応じ、通常より割増しした工事費にて請負契約を締結しております。」としています。しかし、私と同僚たちは、アトックス社が用意した、いわき湯本の宿舎で寝起きして、週5日勤務でフクイチ構内で働いていましたが、同僚も含めて誰もそのような「特別手当」を受け取っていません。私たちが受け取っていたのは日給1万円だけです。

私はこの10ヶ月弱の間でおよそ20mSvの被ばくをしました。しかし危険手当や特別手当などないと、S社からは説明されています。私はアトックス社やS社にだまされているのでしょうか。それとも私が従事していた業務では、「特別手当」支給の対象にはならないのでしょうか。とても気になっています。

これから会社に問い合わせをしてみようと思うのですが、そのためにも以下2点についてご教示頂ければ幸いです。

1.福島第一原発での業務について貴社が下請け企業と契約する際に、「通常より割増しした工事費にて請負契約を締結」する基準

2.免震重要棟に併設されているプレハブ休憩所での出入口管理業務に貴社が見積もっている作業単価と割増率

3.プレハブ休憩所の外にあるゴミや汚染物の回収場所、およびゴミ処理施設へのゴミ・汚染物の運搬業務に貴社が見積もっている作業単価と割増率

4.2012年1月以降の業務について、貴社がアトックス社、S社に「通常より割増した工事費にて」支払った総額


ご多忙のところとは思いますが、1月19日(土)午後3時までに、下記の連絡先までご回答ください。なお当ご相談の内容については、私が所属する労働組合のサイトなどで公開いたしますので、よろしくお願いします。


2013年1月12日

福島第一原子力発電所作業員 XXX

連絡先
郵送:東京都渋谷区代々木4-29-4西新宿ミノシマビル2F
フリーター全般労働組合内 XXX
ファクシミリ:03-3373-0184
電話:03-3373-0180
メール:union@freeter-union.org

12月14-15日に行われた「原発いらない福島の女たち」が呼びかけたIAEA(国際原子力機関)と日本政府の共催による国際会議への福島県庁と郡山での抗議アクションに東電前アクション!からもメンバー+友人6人で参加しました。

kencho1 011



















▲12月14日、行動に先立って県庁側に「IAEAの福島進出の中止」、「除染でなく汚染地域の避難の優先」、「学校単位の疎開の開始」などを求める申し入れ。(申し入れ文下記に転載)



kencho1 019  



















▲申し入れ後、県庁脇の「もみじ山公園」でデモ出発前集会。武藤類子さんは「結局、安全アピールのための福島でのIAEA会議。そういうことを伝えていく努力を続ける。そして、感性を研ぎ澄まして見抜いていこう」とアピール。


kencho1 046



















▲県庁⇒福島駅へデモに出発。過剰警備をものともせず150人で賑やかに成功。


  kencho1 053




















▲デモ解散地点の福島駅前広場でも街頭アピール後、福島抵抗の踊り「かんしょ踊り」を全体で。


kencho1 062



















▲夜、郡山市に移動して「広瀬隆講演会」に参加。「IAEAは悪魔なんです。悪魔が福島のみなさんを殺しに来ると思ってください」と広瀬さん。


kencho1 065



















▲15日、IAEA会議が行われる郡山市ビッグパレット付近で朝8時から抗議行動。


kencho1 068



















▲福島に悪魔がやって来た!

kencho1 091



















▲フランス、ベルギーなどから抗議団到着。


kencho1 095



















▲海外からの抗議団はあいさつを終えるなり、IAEAへの要請文を持って機動隊の阻止線に向かっていった。


kencho1 103



















▲全体でIAEAへの直接要請行動。

kencho1 104



















▲250人でIAEAに迫る。


::::::::::::::::::::::::::

                              2012年12月14日

                             福島県知事 佐藤 雄平 殿

原発いらない福島の女たち

        福島県でのIAEA閣僚会議等に関する要請書

 私たちは、福島原発事故以来、原発廃止のためのあらゆる活動を続けている女性グループです。経産省前での座り込み、原発事故1周年における集会など様々な活動の中から、あらゆる生命の存在を脅かす原発廃止の声を上げ、共感を呼んできました。

 そのような中、福島県で、IAEA(国際原子力機関)閣僚会議が国の主催で開催されています。IAEAは、核管理の名の下に、核と原発を推進するための国際機関であり、収束さえしていない原発事故に今なお苦しみ続ける福島にそのような組織が進出することは、どのような理由であれ私たちは認めることができません。

 以上のことから、私たちは、貴職に対し以下のとおり要請します。



【要請内容】

1.福島へのIAEAの進出をやめさせること。

2.莫大な資金を投じて1年半続けられた除染の効果は、多くの県民から疑問視されている。除染の限界を見極め、汚染地域の住民を避難させ、避難に伴う損失を県の責任で賠償すること。

3.県外避難者の住宅補助の打ち切りなど避難者への非情な扱いを止め、支援をすること。

4.子どもたちの避難を実現するため、学校単位の疎開・保養を直ちに実施すること。

5.健康被害がないとの前提で進められている県民健康管理調査を根本的に見直し、科学的で客観的、公平なものとすること。併せて、健康被害の過小評価を目的とした検討委員会の議事進行や特定の方向への議論誘導などをしないこと。

6.「秘密会」の開催や健康被害のごまかし、隠ぺいを主導してきた責任者に対し、適正な処分をすること。

7.モニタリングポストによる測定を正しく行い真摯な情報公開を行うこと。

8.福島県民の共通の願いは核・原発の廃絶である。核推進機関を呼んだ国際会議ではなく、核・原発廃絶のための国際会議を開催すること。

9.1~8までの要請を受け入れ速やかに実行した後、今回の原発事故まで原発推進の立場を取ってきた知事として、辞任という形で県民に対し責任を取ること。

(以上)

このページのトップヘ