東電前アクション! (新BLOG)

反差別・地域格差・南北格差・反軍事・エコロジー全般を意識し包摂する「反原発社会運動」として展開中!

カテゴリ:NO ! 弾圧

東電前アクション!からも賛同しました。
ぜひ多くのご注目とご支援を!


「暗黒裁判」は許されない!【東京高裁への抗議声明・賛同・11/1提出行動参加の呼びかけ】“殺人行政”に抗議することは許されないのか!? ―東京高裁の審理打切りに抗議し、審理再開と無罪判決を求める声明ー

「暗黒裁判」は許されない!【「2.9竪川弾圧」東京高裁への抗議声明・賛同・11/1提出行動参加の呼びかけ】

★次回裁判(予定は判決)に集合を!
11月19日(火)15時~東京高裁429号法廷(14時半から傍聴券配布予定)

★以下の抗議声明への個人・団体賛同を募集します。10月30日(水)までにお名前と肩書きをsolfeb9@gmail.comにお送りください。高裁に提出し、ブログ上でも公表します。
★11月1日(金)12時~東京高裁前に集合してアピール行動を行い、様々なグループが発言します。そして13時から東京高裁へ抗議声明の提出行動を行います。ぜひ大集合をお願いします!
★記者会見「2020東京オリンピックの影で進む排除と人権侵害」も予定しています。日時など詳細は決まり次第お伝えします。

【2.9竪川弾圧救援会・声明】
“殺人行政”に抗議することは許されないのか!?
―東京高裁の審理打切りに抗議し、審理再開と無罪判決を求める声明ー

<1 竪川弾圧の経緯>

(1)殺人的行政代執行
2012.2.8 江東区役所は行政代執行の名の下、江東区竪川河川敷公園に住まうAさんの小屋を粉々に破壊しました。小屋は唯一の生活の拠り所であり、Aさんの重要な財産です。衝撃を受け、体調を崩してその場に倒れ込んだAさんを付き添いも許さず救急車に押し込んで病院に連行した江東区。本人の望まない生活保護受給を強要し、拒んで病院を出たAさんを追いかける職員は誰もいませんでした。その後、路上でうずくまるAさんを仲間が発見し、保護しました。

Aさんの持ちうる全てを破壊し尽くし、望まぬ“保護”を押し付け、それを受け入れないと放置した江東区。真冬の路上に放置されたAさんは命を落とす危険すらありました。

竪川河川敷公園に住まう野宿生活者と支援者は、何年にもわたり、江東区と交渉してきました。また、周辺住民の方々と良好な関係を築いてきました。それにもかかわらず、江東区は突然、団体交渉の予定を一方的にキャンセルし、Aさんの命を危険に晒す殺人的な行政代執行を強行したのです。

行政の思い通りにしなければ、仲間と支え合って暮らすささやかな生活が根こそぎ奪われても仕方ないのでしょうか。命を奪われても仕方ないのでしょうか。江東区の所業は、人を人とも思わぬ殺人的行為であり、断じて許すことはできません。

翌日2.9、園さんを含む支援者が江東区役所に向かいました。なぜ団体交渉を一方的にキャンセルしたのか、次はいつ交渉するのか、殺人的行政代執行について江東区はどう考えているのか…これらを責任者に問い質し、抗議するためです。

 

(2)区役所での弾圧

江東区の対応は酷いものでした。

責任者は出てこず、庁舎にいないの一点張り。代わりに応えられる人間もいない。とにかくその場をやり過ごす、抗議する人々を追い払う、という態度に終始しました。

ついには、突如退去命令を発して、園さんを含む抗議者を数十人の警備員で取り囲み、両手両足を掴んで宙吊り状態にして区役所の外へ強制排除したのです。

竪川河川敷公園で行われた強制排除が、江東区役所敷地内で再び行われたのです。

外で抗議を続けた園さんは、ガラス壁を蹴ったところ意図せずに割れてしまい、「器物損壊罪」で逮捕されました。それを弁償した所(通常「器物損壊罪」は弁償をもって終わる)、今度は検察に「威力業務妨害罪」に切り替えられて起訴されました。

◆行政代執行のYouTube動画
http://m.youtube.com/watch?v=mcCDperoGUg&desktop_uri=%2Fwatch%3Fv%3DmcCDperoGUg
◆野宿者排除の経緯(山谷ブログ)
http://san-ya.at.webry.info/

<2 竪川弾圧の本質>

東京地裁の一審判決では、園さんに懲役1年執行猶予3年の刑が言い渡されています。

殺人的な行政に抗議することは、許されないのでしょうか。江東区による公僕にあるまじき極めて不誠実な対応、強行な住居の破壊・物品の廃棄、命を危険に晒す放置行為は、許されていいのでしょうか。

竪川弾圧の本質は、殺人行政の正当化と抗議一般の犯罪化なのです。

これを許せば、すべての抗議が威力業務妨害罪になってしまいます。 官邸前でも、東電前でも、経産省前でも、至極当然の抗議が封殺されてしまいます。

この弾圧は、人を尊重しない、言うことを聞かなければ命を奪っても構わないという、この国の政府の在り方そのものです。これは、園さんだけでも竪川河川敷公園に住まう野宿生活者とその支援者だけでもなく、人命軽視を許さない抗議者全体への弾圧なのです。

これに司法のお墨付きを与えたのが東京地裁・大野勝則裁判長の一審判決です。江東区の暴力を全て不問にし、検察主張を丸のみした「懲役1年、執行猶予3年」の有罪判決は絶対に許されません。

<3 東京高裁は審理を再開せよ!>

2013.10.3東京高裁での審理がありましたが、八木正一裁判長は園さんが提出した趣意書を読ませて欲しいと求めただけで園さんを強制退廷にしました。弁護人が代わりに趣意書を読むと、今度は竪川野宿者問題や各地の弾圧を述べた部分を「無関係だ」と読ませませんでした。
(http://solfeb9.wordpress.com/2013/07/17/の「3」の部分)
そして弁護人からの証人と証拠の請求をすべて却下し、次回11.19は判決を言い渡すと言い放ちました。

竪川現地で暮らす当事者の方が初めて証言に立ち、江東区の暴力の体験談をしてもらう予定でした。証拠で出そうとしていたのは、江東区役所が代執行前日の2月7日から9日まで区長宅にSPを付けたり役所の警備を強化する事を「あらかじめ」決めていた内部の計画表です。「園さんたちが来たから通常業務を中断させられた」という「威力業務妨害」の根拠を根底から崩すものです。しかし裁判長は一蹴しました。

弁護団が一審判決の違法性を指摘し、多数の証拠請求をしたにもかかわらず、裁判長は証拠調べをしないと決定したことは、事実上、一審の有罪判決を高裁も維持するということです。 江東区による殺人行政を正当化するということです。

また東京高裁職員は裁判前から園さんに「着ているTシャツを脱がなければ庁舎に入れない」と裁判所入口を封鎖し、庁舎内でも執拗に付きまといました。法廷から退廷させられた園さんを人目につかない裏口から裁判所外へ叩き出し、立ち入り禁止にしました。その際何と警察官も法廷に突入しようとした事が確認されました。これらの暴力は全て東京高裁の事務局長命令、組織決定で行われています。これでは無罪判決など最初から出る訳がありません。裁判所は公開原則や公平性を自ら殺したのです。私たちは根拠とされる「庁舎管理規則」の開示を求めています。
10/3裁判の詳細:http://solfeb9.wordpress.com/2013/10/04/
http://blog.goo.ne.jp/kansai-dan/e/0f6c7a03859da9ab47d7c73c04d9a18f
高裁前行動と報告集会の映像http://www.youtube.com/watch?v=GydhqrBMcnE

私たちは、東京高裁の強権的な訴訟指揮と組織暴力に強く抗議し、以下を要求します。

東京高等裁判所長官 山﨑敏充殿
東京高等裁判所刑事5部 八木正一殿
                          

1.「2.9竪川弾圧裁判」の次回11/19を判決にせず、審理を再開し、証拠・証人・被告人陳述を全て採用すること。
2.無罪判決を出すこと。
3.着用Tシャツなどを理由にした立ち入り禁止、法廷や庁舎からの強制排除、警察権力の導入を全てやめること。

2013年10月17日
2.9竪川弾圧救援会

★抗議先
東京高等裁判所刑事第5部 八木正一裁判長
 東京都千代田区霞ヶ関1-1-4 電話番号:03-3581-5411 FAX番号:03-3503-3997

テントひろばからの正式な声明を転載します。


転送・転載を歓迎します

////////////////////// 声明 ////////////////

声 明
                     経産省前テントひろば

 2013年5月10日、丸の内署は、テントスタッフの一人Bさんを暴行の容疑で逮捕した。

 同日14時30分頃、テント放送の準備が行われている時、経産省の金子洋悦(この度の訴訟における原告指定代理人のうちの1人)が、ビデオカメラをもった氏名不詳の男C、他とともに注意に現れた。Bさんは防犯カメラの台座(コンクリート製)に腰掛けて何気なくその模様を眺めていただけであるが、Cは執拗にBさんの顔を至近距離から撮影し続けた。Bさんは当然ながら、肖像権の侵害だから止めるように、と何度も要請したにもかかわらず、顔の数センチまで接近して撮影を続けた。

たまりかねたBさんは、手でカメラをどけながら「あんたも、こうやってなでられたら嫌だろう」とCの顔をなでるようにしたとたん、Cは「暴力だ!」と突然叫びだし、別の職員が警察に緊急連絡し、丸の内署、警視庁本庁から公安刑事を含む総勢約50名ほどの警察官が駆けつけた。

 警察は私たちと経産省職員の間に入って、双方から事情を聞くというような行動となった。もちろんBさんを初め現場にいた仲間Dさん等は、いま起きたばかりの事態を説明した。ややあって、事態は収束したのであるが、最後に刑事はBさんに「丸の内署まで来て、事情を説明してほしい」とBさんに要請。Bさんは、自らやましいことは全くなかったので、何らの疑いも持たずに事情聴取のために丸の内署に同行することになった。

その際、Dさんが「一緒に行こうか」とBさんに話し掛けたが、Bさんは「大丈夫ですよ」ということであったので、Dさんも全く大した問題ではないとの判断から、Bさんは一人で丸の内署に行くこととなった。

 その後、帰還があまりに遅いので、気をもんでいたところ、救援連絡センターから連絡が入り、Bさんが逮捕されたと情報を得た。

 Bさんの容疑は暴力行為ということだが、ともかく直ぐにDさんを含む2名が丸の内署に事情を聞きに出かけた。捜査中ということで埒があかなかったが、ともかく逮捕されていることは確認された。合わせて、Bさんはペースメーカーをつけており、心臓病の関係から、病院にいっているということだけが確認された。

 事実は、Bさんが超至近距離からの執拗な撮影を拒否し、それに抗議し、「あんたも、こうやってなでられたら嫌だろう」手を挙げた時たまたま、その手がC職員の顔に触れただけである。顔を叩くとか殴るとかとは程遠い行為である。C職員は大仰に騒ぎ立てて警察を呼び、文字通り事情聴取ということでBさんを丸の内署に同行し、そのまま逮捕したのである。容疑は暴行と器物損壊ということである。

 そもそも最近の経産省職員のテントに対する対応・嫌がらせは敵愾心丸出しである。すでに「防犯カメラ」と称する監視カメラを2台もテント付近に据え付けてあるのに、ハンディカメラによる執拗な撮影は挑発的で目に余るものがある。また、経産省は、私たちの請願権さえ認めようとしていない。請願書を、請願者を一人に限定して、職員に門前で受け取らせるなどという礼を欠く卑劣な行為をした。

 経産省職員による執拗な撮影行為は、個人の肖像権を侵す犯罪である。

○直ちにこのような犯罪行為を止めよ!
○今回の「(土地)明渡訴訟」と連動したかのような、挑発行為を一切止めよ!

 警察は、経産省の職員による犯罪行為を放置し、経産省の職員の一方的な証言に基づいてテントスタッフを逮捕した。これは不当な逮捕であり、テントに対する不当で露骨な弾圧であることは言をまたない。

○警察は不当な弾圧を止めよ!Bさんを直ちに釈放せよ!
○警察は、私たちと経産省との係争に不当に介入するな!
○東京地裁は、Bさんの拘留延長を絶対認めてはいけない!

  2013年5月12日
/////////////////////

反原発運動と全ての社会運動に向けた弾圧に抗議します
関西大弾圧および堅川弾圧裁判検察側求刑への抗議声明


私たち東電前アクション!は、反原発運動に対する一連の関西大弾圧および、2.9堅川弾圧裁判における園良太さんへの懲役1年の検察側求刑に断固抗議します。

昨年9月から12月にかけ、福井・大阪で反原発運動、瓦礫受入反対運動に対する弾圧が立て続けに起こりました。福井で1人、大阪で延べ10人が不当に逮捕され、うち延べ7人(一人は再逮捕)が不当にも起訴されてしまいました。
逮捕された11人は何ら罪に問われるような行動をしたわけではありません。「原発反対」「放射能の拡散反対」という当たり前のことを、声に出し、行動しただけです。
これは憲法21条によって保障された集会・言論・表現の自由を実行したにすぎません。
にもかかわらず、警察はこれを不当に弾圧し、何もしていない11人を逮捕しました。
更には延べ7人を不当にも起訴しました。起訴理由は公務執行妨害や、威力業務妨害などといった、理由にもならない理由、でっちあげとしかいいようのないものです。逮捕理由を建造物侵入から威力業務妨害に切り替えて起訴するということも平然と行われています。
この「威力業務妨害」に切り替えての起訴というのは後述する園良太さんの件にも当てはまるものですが、逮捕理由では起訴が出来ない為、何が何でも起訴しようとするまさに運動つぶしの為のものです。市民が行政に対し抗議行動をすることのどこが「通常業務を妨害し」たとして、長期拘留をする理由になるのでしょうか。

起訴された6人は4~6ヶ月以上という長期にわたる拘留を強いられています。弁護士以外との接見禁止が解けていない、独房や懲罰房に入れられるなど基本的人権を無視した許しがたい扱いです。
特に2月25日に保釈されたPさんに対する、拘置所の対応はまさに「拷問」としかいいようのないものでした。持病があるにもかかわらず、接見禁止を理由に主治医との面会が許されず、薬の処方もきちんとなされないなど憲法36条により固く禁じられている「拷問」に当たるものであると、憲法学者による声明も出されています。
http://ameblo.jp/kansai-tokyo-kyuen/entry-11473838813.html

関西では今年になってからも弾圧が起きています。昨年9月23日に行われた橋下大阪市長の「慰安婦」問題の発言に抗議する集会を妨害に来た「在特会」が、集会参加者に暴力を振るわれたとして被害届けを出し、それを受理した大阪府警が今年2月13・14日、4人に対し計7箇所で家宅捜索を行いました。被害届はそう簡単に受理されるものではありません。これなどは在特会を利用した弾圧としかいいようがありません。今のところ、逮捕者は出ていませんが、予断を許さない状況であることに違いはありません。

また、富山市では、昨年12月に実施された試験焼却後の震災がれき灰の最終処分場搬入を妨害したとして、森雅志市長が2月7日、住民ら十数人を富山県警に威力業務妨害で刑事告訴しました。市長が市民を告訴するという前代未聞の異常事態です。なんの説明もなく瓦礫を受け入れることに対し、子どもの健康を案じた住民が搬入中止を求めるのは当然です。それを告訴するとは、反対運動への見せしめ、まさにスラップ(恫喝)訴訟そのものです。

このような弾圧は西だけの問題ではありません。
原発事故が起きた2011年には東京の反原発デモ参加者が20人以上不当逮捕されています。
そして、私たち東電前アクション!の仲間である園良太さんが昨年2月9日、江東区役所への野宿者排除の抗議行動で不当逮捕されました。園さん逮捕・起訴の経緯と東電前アクション!による抗議声明は
http://toudenmaeaction.blogspot.jp/2012/06/29-612.html
をご覧下さい。
園さんは、4ヶ月半もの間不当に身柄を拘束されました。拘留されている間には保護房に入れられた期間もあり、そこでは布団も枕もなく、食事も手づかみで食べさせられるという、人権無視のひどい虐待を受けました。
また、東京拘置署に移されてからも、接見禁止、独房に閉じ込められ、社会からも家族や仲間・運動からも切り離され、想像を超える苦痛を味わわされたのです。
保釈されてからも、堅川現地入りを禁止され、運動からの疎外を強いられました。保釈後も弾圧は続いているのです。

そして、今年2月6日、検察側は園さんに対し懲役1年の求刑をしました。
私たちは断固としてこれに抗議します!
そもそも何故園さんが江東区役所へ抗議に行ったのか? それは、昨年2月9日に予定されていた堅川住民との団体交渉を江東区役所側がキャンセルし、なおかつその前日8日に代執行を行い、暴力を伴う強制排除を行ったことに対する抗議の為です。原因は江東区側にあります。
生きる権利を主張することは犯罪なのでしょうか? 罪に問われるべきは生きる権利を奪おうとする江東区側ではないのでしょうか。


原発、放射性瓦礫の拡散、野宿者排除、これらに反対することの根は一つです。憲法25条が保障した生存権を守ることです。そして反対の声を上げることは21条により保障されています。
原発事故により住む場所を追われた人々も、野宿者も憲法前文により保障された平和的生存権、13条幸福追求権、22条居住の自由、25条生存権が奪われています。

自民党政権は憲法改悪を目論んでいます。
また、デモや集会に対する弾圧がより強まるであろうことは、3月9日の明治公園集会後のデモ出発地点で一人の不当逮捕者が出た(2日後釈放)ことからも明らかです。「威力業務妨害」によって東電前や経産省前の抗議行動や申し入れもいつでも狙われます。

一連の弾圧は全ての社会運動、ひいては私たちの生きる権利、主張する権利への弾圧です。
私たちはこれらに対し抗議の声を上げるものであります。

関西大弾圧で不当逮捕・起訴した仲間を返せ!
富山市長は市民への恫喝訴訟を取り下げろ!
検察は園良太さんへの求刑を取り下げろ!
裁判所は園良太さんを無罪にしろ!



(2013年3月30日)

★☆★☆★☆☆★☆★☆★転送・転載大歓迎☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【激励メッセージの呼びかけ 関西大弾圧救援会・東京の会】

いま関西では、関西電力・大飯原発(福井県おおい町)再稼働への抗議、
大阪市の放射能汚染がれき焼却に、抗議の声を挙げたひとびとが次々と
逮捕され、不当にも起訴されています。

外部との接触を断たれたまま、長期に渡り拘束されている獄中の友人たちに、
全国・全世界から、激励のメッセージを送りませんか?
お送りいただいたメッセージは、「関西大弾圧救援会・東京の会」が、責任を持って
お預かりします。関西大弾圧救援会・弁護士さんを通じて、確実に友人たちに届けます。

同時に「関西大弾圧救援会・東京の会」ブログ http://ameblo.jp/kansai-tokyo-kyuen/
に公開し、これから始まる公判に向け、すこしでも獄中の友人たちの励みになるよう、
注目を喚起していきたいと思います。一刻もはやく全員をとりもどすためにも、
関西大弾圧への抗議の声をともに広めていきましょう。よろしくお願いします。

激励メッセージ:メール送信先
  関西大弾圧救援会・東京の会 kansai_tokyoq(アットマーク)yahoo.co.jp

  ○○さん or 全員 宛、お名前(ハンドルネームでも結構です)、肩書き(必要あれば)、激励メッセージ
  ※ブログ公表可の内容、お名前にてお寄せください
  ※イラストや写真、手書き等で差し入れたい方は、A4サイズ・PDFファイルにて


獄中の友人たちのお名前は、以下のイニシャルでお書きください。
現在、6人の仲間が、不当に起訴、長期拘束されています。

Aさん : 大阪拘置所/接見OK
      10.5関電本店包囲行動中に、明らかな”転び公防”で逮捕。不当起訴。

Hさん : 曽根崎署/接見NG
      11. 13大阪市此花区民センターにて不当逮捕。不当起訴。
      10.17JR大阪駅頭抗議行動に関連し12.11再逮捕。不当起訴。

Pさん : 大阪拘置所/接見NG
      11. 13大阪市此花区民センターにて不当逮捕。不当起訴。
      弁護士以外の接見禁止が続いている。

Uさん : 大阪拘置所/接見NG
      11. 13大阪市此花区民センターにて不当逮捕。不当起訴。
      弁護士以外の接見禁止が続いている。

Mさん : 大阪拘置所/接見OK
      10. 5関電包囲行動に関連し、11.16令状逮捕。不当起訴。

そして2012年6月30日から36時間に渡り行われた「大飯原発ゲート前封鎖行動」で
事後逮捕されてしまった
Kさん : 1月10日に第二回公判が開かれました!
      大飯弾圧救援 http://oikyuen.blog.fc2.com/

にも激励メッセージ、届けます!

「関西大弾圧救援会・東京の会」は、接見禁止が長期にわたり続いているPさん
(持病があるにもかかわらず解放されません)、同じくUさん(公安による不当な
取り調べを断固拒否し、獄中で闘っています)、二つの件で起訴されたHさん
(公判の長期化が危ぶまれます)への、それぞれ個人宛の激励メッセージの
圧倒的な集中を、声を大にして呼びかけます。


【時系列で見る、いま大阪で起きていること(2013.1.6現在)】

◎9月20日 福井県警により、Kさん、自宅にて令状逮捕(※1)
6月30日~7月2日未明にかけての、大飯原発再稼働阻止行動に遡り、器物損壊、傷害、
脅迫、暴行容疑で逮捕。10月10日、起訴。12月7日初公判。弁護士以外の接見禁止。

◎10月1日 市民メディアのKさん、家宅捜索
上記の大飯原発再稼働阻止行動を撮影し、動画「オキュパイ大飯の真実」として
YouTubeにアップした市民メディアのKさんが福井県警により家宅捜索を受け、
機材など押収される。任意同行を求められるも、拒否。11月14日、押収物返却。

◎10月5日 関電本店包囲行動中に、Aさん逮捕(※2)
関西電力本店前で、再稼働反対などの声をあげていたAさんが、明らかな”転び公防”
により、公務執行妨害、傷害容疑で逮捕。10月26日、起訴。接見可能。

◎11月13日 此花区民センターで、Hさん、Uさん、Pさん、Mさん逮捕(※3)。
大阪市によるがれき焼却にまつわる住民説明会前に、区民センター前のロビーで
抗議行動をしていたところ、Hさん、Uさん、Pさんは建造物侵入、Mさんは公務執行
妨害容疑で逮捕。12月4日、建造物侵入を業務威力妨害に変え、Hさん、Uさん、
Pさん起訴。Mさん釈放。Hさんは現在、ご家族のみ接見可能、Uさん、Pさんは
弁護士以外の接見禁止。

◎11月16日 前記10月5日の関電包囲行動に関連し、Mtさん、令状逮捕。
10/5に逮捕されたAさん助けようとしての公務執行妨害、Aさんを連行する
車のミラーを倒したとしての器物破損容疑で逮捕。12/6、起訴。

◎11月22日 夢洲にて、1名逮捕。
試験焼却のため岩手県宮古地区から船で運ばれてくるがれきのコンテナを
撮影していたとして、軽犯罪法で逮捕。翌23日、釈放(※4)。

◎12月9日 10月17日JR大阪駅頭抗議行動に遡り、下地真樹さん、 Nさん、
鉄道営業法違反、威力業務妨害、不退去で令状逮捕。28日、処分保留で釈放。

◎12月11日 10月17日の同上の事案で、11月13日に逮捕され、 起訴されているHさん、再逮捕。28日、起訴。家族のみ接見可能。

2013年1月6日現在、11人逮捕(うち1人は再逮捕)、 4人釈放、6人起訴。

<参照>
※1 「大飯弾圧救援」
http://oikyuen.blog.fc2.com/

動画「オキュパイ大飯の真実」
http://www.youtube.com/watch?v=Am6nvN0nei4

※2 10.05動画「大阪府警不当逮捕の瞬間 関電本社前 2012/10/5」

※4 「夢洲瓦礫タイホLEAK」
https://twitter.com/GarekiTaihoLeak



---

このページのトップヘ